スマートフォン
からもご利用
頂けます。

QRコード
誰にだって頑張れる舞台がある クラ・ゼミグループだから出会える、最高に輝くあなたに
【塾部門 クラ・ゼミ】自らの目標が実現できる塾 一人ひとりじっくりと。可能性を見出すやりがいを 【児童発達支援・放課後等デイサービス部門(障がい児通所支援) こどもサポート教室きらり、あいあい、クラ・ゼミ】一人ひとりが、「キラリ」と輝けるように。 こどもたちの成長する力を信じて引き出していくお手伝いを
【通信制高校部門 クラ・ゼミ輝高等学校 キラリ高等学校と提携しています】誰でもキラリと輝く能力を持っています。 個性を十分に発揮して将来社会で必要とされる人材に 【保育園部門 クラ・ゼミ保育園】みんな「きらり」 ありのままの自分を認め、自信をもって生きることができる子へ 【就労移行支援部門 アクセスジョブ】一歩一歩確実に進む それぞれにあった就労支援 誰もが「自分らしい就職」に出会えるきっかけを

雇用形態から探す

部門から探す

学習塾部門(小中等部・河合塾マナビス)
小・中学生対象に集団指導・個別指導を実施します。【一人ひとりをじっくりと】をモットーにお子様の目標達成をアシストします。理解→演習→定着までをじっくり育てます。大学受験専門の河合塾マナビスでは、進路指導や学習アドバイスを行います。授業は河合塾の講師による映像授業です。
児童発達支援/放課後等デイサービス部門(障がい児通所支援)(こどもサポート教室)
発達に課題のある、発達に支援を必要とする子どもを対象とした障がい児通所支援事業所です。こどもサポート教室では子ども一人ひとりの発達状況や、保護者さまの意向をうかがいながらオーダーメイドの支援計画をたて、マンツーマンを主とした療育を行います。
※就学前(1~6歳)の児童発達支援事業と小・中・高校生の放課後等デイサービス事業があります。
就労移行支援部門(アクセスジョブ)
精神・発達・知的・身体障害のある方やその他難病の方で18~65歳を対象に就労支援を行っています。一人ひとりの過去・未来に寄り添い、個別の就労移行支援を行います。
通信制高校部門(クラゼミ輝高等学院)
狭域通信制高等学校の教員として、さまざまな困難を抱える生徒の社会復帰をサポートします。「誰でもキラリと輝く能力を持っています」を教育理念に掲げ、不登校経験のある生徒に寄り添いながら、生徒が自分のもつ個性を十分に発揮して将来社会で必要とされる人材になれるように資質や能力を育てていきます。
保育園部門(保育目標)
【保育理念】
みんな「きらり」
「その子」をしっかりと見つめ
「その子」の立場になって考え
「その子」の成長に喜びを感る

【保育目標】
自分が好きな子
人が好きな子
個性が「きらり」とひかる子

ありのままの自分を認め、自信をもって生きることができる子を育てます。

エリアから探す

札幌・東北エリア
関東エリア
静岡エリア
愛知・甲信越・北陸エリア
近畿エリア
九州・中国・四国エリア

仕事の雰囲気

スタッフ

学習塾部門(小中等部・河合塾マナビス)

小・中学生対象に集団指導・個別指導を実施します。【一人ひとりをじっくりと】をモットーにお子様の目標達成をアシストします。理解→演習→定着までをじっくり育てます。大学受験専門の河合塾マナビスでは、進路指導や学習アドバイスを行います。授業は河合塾の講師による映像授業です。

スタッフ

児童発達支援/放課後等デイサービス部門(障がい児通所支援)(こどもサポート教室)

お子さまの発達面にとどまらず生活面・対人関係やコミュニケーションスキルを伸ばしていくサポートをします。一人ひとりの特性に合わせた個別指導計画を作成し、保護者と共有していきます。

スタッフ

就労移行支援部門(アクセスジョブ)

就労移行支援事業所「アクセスジョブ」は利用者一人ひとりに合ったカリキュラムを組んで、 自分に合った就職を目指すスタイルを採用しています。就職を目指す障がい者の方たちの過去に寄り添い、そして未来へつなぐ就労移行支援をおこないます。

  • ●スキルの習得

  • ●実践指導・就職活動

  • ●就職後のフォロー

スタッフ

通信制高校部門(クラゼミ輝高等学院)

授業や進路指導など、様々な業務を通して生徒たちの勉強や将来をサポートします。

  • ●生徒担任

  • ●教科担当

  • ●成績管理

  • ●進路指導

  • ●行事立案

  • ●広報活動 など

スタッフ

保育園部門

信頼できる職員との「関係」は、お子さまが成長していくための〝最初の一歩〟です。まずはお子さまの心に耳を傾けること(傾聴)、その心を受けとめること(受容)、そして共に感動すること(共感)、これらを大切にして保育を行ってまいります。

スタッフの声

児童発達支援/放課後等デイサービス部門(障がい児通所支援)(こどもサポート教室)

1日の流れ

【10:00】朝ミーティング【11:00】(児発管)支援計画の作成やモニタリングの実施など、(指導員)広報活動やサービス担当者会議の参加、個別集団支援の実施【12:00】昼休み【13:00】(児発管)請求業務やスケジュール管理、対外的活動など(指導員)学習・療育コミュニケーションなどの支援実施や記録、準備など【19:00】終わりのミーティング
【10:00】朝ミーティング【11:00】(児発管)支援計画の作成やモニタリングの実施など、(指導員)広報活動やサービス担当者会議の参加、個別集団支援の実施【12:00】昼休み【13:00】(児発管)請求業務やスケジュール管理、対外的活動など(指導員)学習・療育コミュニケーションなどの支援実施や記録、準備など【19:00】終わりのミーティング
スタッフ

男性

音楽教師を目指していましたが不登校の児童と関わり、その原因が発達障害と知りました。また子どもによって発達障害には差があり個々に違います。キラリでは個別に指導ができ、発達と療育に関われます。1人1人に課題を設定し、子どもがその課題を通して成長する過程をみていると、やりがいを感じます。
残業もなく、嫌な点がない職場環境だと思います。

スタッフ

女性

もともと福祉関係の仕事を希望していました。障害児保育に疑問を感じ、1人1人をしっかり見る必要があるのではと思い、集団ではなく個別に対応できるところを探していたところ、きらりを見つけました。
基本的に1人1人に発達支援計画をたて、徐々にステップアップできるようにその都度課題を設け、その準備をしています。
例えば、2桁の計算が苦手な子には、そもそも足し算が苦手なので、まずは簡単な足し算ができるプリントを用意します。
また絵本の代わりに、子供に合わせて紙芝居を作ったりもしています。

ただマンツーマンということもあり、高い期待を寄せられることもあるのですが、基本的には発達支援であり発達指導ではないため、期待に答えられないことが悩みではあります。

学習塾部門(小中等部・河合塾マナビス)

1日の流れ

【13:30〜15:00】出社。一箇所に集まり、各自業務【15:00〜16:00】自分の担当校舎へ移動【16:30〜19:00】小学生の授業【19:30〜22:00】中学生の授業【22:00〜22:30】授業後勉強、個別相談時間【22:30】退社
【13:30〜15:00】出社。一箇所に集まり、各自業務【15:00〜16:00】自分の担当校舎へ移動【16:30〜19:00】小学生の授業【19:30〜22:00】中学生の授業【22:00〜22:30】授業後勉強、個別相談時間【22:30】退社
スタッフ

男性

働いた理由:面接採用の際、学歴や職ではなく、「人」を見てくれていると感じました。1人1人をじっくりちゃんと見るという理念の通りだなと思い、ここに決めました。

やりがい:子どもの成長過程を見ていると、自分も勉強になるところにやりがいを感じます。

スタッフ

男性

働いた理由:きらりなど他事業を展開しており、他と比べ、教育の可能性の大きさを感じたためです。

やりがい:実力主義というところですね。能力があれば認められ、役職も年次や年齢ではなく、能力で判断され、決定されます。
また得意、不得意をしっかり見てくれて、適材適所の人事をしてくれます。例えば、個人とのコミュニケーション能力が高いのであれば、個別指導、タブレット授業などに配属され、集団の前で話すのが得意なら、集団授業に配属されたりなどです。人の中身を見てくれる会社ですね。

就労移行支援部門(アクセスジョブ)

1日の流れ

【09:00】出社・朝礼【10:00】利⽤者来校・朝礼【10:10】就業訓練【12:00】お昼休憩【13:00】就業訓練【15:00】利⽤者帰校・各種事務業務【18:00】退社
【09:00】出社・朝礼【10:00】利⽤者来校・朝礼【10:10】就業訓練【12:00】お昼休憩【13:00】就業訓練【15:00】利⽤者帰校・各種事務業務【18:00】退社
スタッフ

女性

こちらに就職する前、別の就労移行支援事業所に勤めていました。仕事自体には満足していましたが、福利厚生等の待遇面や仕事環境に少し不満と不安を感じていました。そうした時に静岡県内で有名なクラ・ゼミが運営する事業所があることを知り、今よりもよい環境で働けると思い、転職しました。
現在自分が希望した通り浜松校でのサービス管理責任者として働いています。今後の目標は、アクセスジョブの名前が地域に今以上に浸透し、利用者はもちろん、就労先企業からも必要とされる存在へ成長させることです。

保育園部門

1日の流れ

【7:30】出勤【~9:30】お迎え・保育【9:30~】おやつ【10:00~】お散歩(公園で遊び)・保育【11:00~】給食【12:00~】お昼寝※打合せ、連絡帳記入、保育準備 等【15:00~】おやつ【15:30~】保育※順次降園【16:30~】退社
【7:30】出勤【~9:30】お迎え・保育【9:30~】おやつ【10:00~】お散歩(公園で遊び)・保育【11:00~】給食【12:00~】お昼寝※打合せ、連絡帳記入、保育準備 等【15:00~】おやつ【15:30~】保育※順次降園【16:30~】退社
スタッフ

男性

私は、高校生の時にボランティアで保育園に行きました。その時、子どもと関わる保育士さんの姿を見て、将来の仕事として考えるようになりました。専門学校(保育関係)では、子供と関わる仕事の大切さを学びながら、男性保育士の必要性を感じました。
今は、日々忙しいですが、楽しく子どもたちの保育をしています。3歳児クラスの担任業務も行っています。今後は、経験を積んでよりよい保育ができるように頑張ります。

スタッフ

女性

私は、子どもが好きで、仕事でも子供に接することができる保育士を目指しました。今は主任として、園全体をまとめる業務もこなしながら保育にも携わっています。
忙しいですが、充実した日々が送れています。これからも、保育園で働く社員が働きやすい保育園を目指して頑張ります。

通信制高校部門(クラゼミ輝高等学院)

1日の流れ

【9:30】出勤、朝礼【10:00】授業開始(他業務も並行して実施)【12:35~13:15】生徒昼休み【16:45】授業終了【17:00~18:00】部活動、委員会【18:15】夕礼【18:30】定時
【9:30】出勤、朝礼【10:00】授業開始(他業務も並行して実施)【12:35~13:15】生徒昼休み【16:45】授業終了【17:00~18:00】部活動、委員会【18:15】夕礼【18:30】定時
スタッフ

男性

「誰でもキラリと輝く能力を持っている」という教育理念に共感しました。「通信制」と聞いて最初は私自身ピンときていませんでしたが、キラリ高校には「自身の教員としての視野がいかに狭かったか」ということに気付かせてもらいました。
本当にさまざまな生徒が通ってくれていますので、教員としての指導力を研鑽する多くの機会に恵まれていると感じます。生徒一人ひとりにできるだけ寄り添い、生徒たちが自信をもって社会に巣立っていくお手伝いをしたいと考えています。

スタッフ

女性

大学でカウンセリングを学び、思春期の学生を対象とした電話相談のボランティア活動を社会人になってからも続けていました。卒業後、教育とは異なる業種で仕事をしていましたが、活動を続ける中でもっと学生たちの側で支える仕事をしたいと思い、キラリ高校を見つけました。
さまざまな悩みを抱えた生徒たちが少しずつ自己肯定感を持ち、笑顔を見せてくれることに日々喜びを感じています。アットホームな雰囲気で、生徒たちと一緒に成長していくことができる学校だと思います。

求人一覧へ